--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.1121:27

手乗り盆栽の持ち込み

手のひらに乗るサイズの小品盆栽は長く作り続けることが難しい。

葉の量が小さいので、樹木の成長が少ない。

しかし樹木は老化して心材になっていく。

或いは、キズの部分から腐敗していく。

生き幹は外側の白い部分であり心材は生き幹ではない。

木材が出来てから20年程で心材になるのでそれまでは葉が少なく成長が少なすぎても生きて行けるが、20年で心材となると中心部から幹が死んでいく。

持ち込みでここがポイントになる。

苗から数年間で育った分の幹で20年間は下手でも持つが、それ以後は持ち込みながら育てた幹で生きていくことになるからです。

これは、その種の成長度合いと老化腐敗度合いを天秤にかけて成長度合いが多めになるように枝葉を保つ必要があり、そこから持ち込み管理がうんぬんされてくるのです。
スポンサーサイト
プロフィール

ノリピー

Author:ノリピー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。